Attractions/アトラクションズ

ユースカルチャーの黎明期から成熟期にわたりスポットを当て、独自の視点と感性のもと、それらにまつわるプロダクトを“現代”のアイテムとして創り出すアトラクションズ。
洋服は目的ではなく道具であることを忘れない。
それは、楽しむことの大切さを知っているため。
かつて“何か”に熱狂した者たちが身に纏っていたものを、今“何か”を楽しむ為に製作する。
モノづくりにとことん拘るのは、アイテムに妥協があっては心の底から楽しめない事を知っているため。
ファッションという表現方法を用いて創造と懐古の狭間を切り拓き、文化を背景とした享楽と熱狂を現代に表現するのである。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

34